診療・治療メニュー

性交痛・膣のアンチエイジング治療

性交痛とは?

性交痛は、性交前、性交中、性交後のいずれの時期かに生じる局所の痛みをいいます。

性交痛の原因は?

性交痛の原因は、大きく分けて器質的なもの、つまり腫瘍や炎症などがある場合で、これはさらに外陰部・膣に原因がある「入口部性交痛」 と骨盤内に原因がある「深部性交痛」に分けられます。
もう1つは特に病気などはなくても心理的なものにより起こる性交痛があります。
(1)器質的原因
1. 入口部性交痛
  • 外陰部 炎症・潰瘍・腫瘍・外傷・瘢痕(分娩時)
  • 肛門 痔核
  • 膣 炎症、奇形、形の異常、老人性変化(ホルモン不足による萎縮性膣炎)
2. 深部性交痛
  • 子宮 子宮筋腫、婦人科手術後
  • 骨盤内 子宮内膜症、骨盤腹膜炎、癒着
(2)心理的原因
  • 性交に対する不安、恐怖、嫌悪などがあると腟潤滑液の分泌が少なくなり、
    腟の筋肉が無意識に強く収縮するために起こります
性交痛でお悩みの患者様はたくさんいらっしゃいます。他人には相談しずらいことですが、器質的原因の中には子宮内膜症や子宮筋腫など手術が必要なものもございますので、一度診察して頂くことをお勧めします。
内診や経腟超音波で骨盤内病変の有無を調べます。外陰部や膣に傷がないかを調べ、膣内の炎症が疑われるときは、おりものの中の細菌を調べる検査や性病の検査をします。異常があった場合はその疾患に合わせた治療をしていきますが、特に異常がない場合や、女性ホルモンが不足している場合には女性ホルモン剤の膣錠を使用し、膣の委縮を改善させます。また、心理的な問題で膣潤滑液の分泌が少ないときにはジェルのご使用をお勧めしております。
当院では性交1時間前に塗ることで、性交痛を緩和させるクリーム「ETモイスチャー」に加えて、炭酸ガスフラクショナルレーザーを膣用に応用した「モナリザタッチ」,「モナリザタッチプラス」をご用意しております。

ETモイスチャー

料金を表示
女性ホルモンとごく少量の男性ホルモンの混合クリームです。
女性ホルモンのエストロゲンは更年期に急激に減少します。このホルモンの急激な変化がのぼせやほてり・肩こり、イライラ感や落ち込み、やる気のなさなどの精神症状、頻尿や膣の乾燥、これに伴う性交痛などの泌尿器生殖器症状など様々な症状を引き起こします。
男性ホルモンと聞くと、女性には必要のないようなものに思えますが、実は女性の体にも男性の約5~10%が分泌されていて筋肉を作るために必要なホルモンなのです。男性ホルモンも30代ぐらいでピークを迎え、その後徐々に減少し、更年期頃になると必要量を下回ってしまいます。男性ホルモンの低下により、活力の低下やうつ症状、性欲の低下などが起こります。
ETモイスチャーを使用することで減少した女性ホルモンと男性ホルモンを補充し、これらの欠乏症状を緩和することができます。
ご使用方法
1. 日常生活の中で更年期症状(うつ症状など)が気になり、月経がある方は、月経終了後から2週間塗布してください。月経のない方は2週間連続で使用後、2週間は使用をお休みしてください。
2. 日常生活で困る程ではないが、時々落ち込みがひどかったり、性交痛が強くなる方は、症状が強い時にのみご使用ください。塗布後1時間で効果が出現するため、外出や性交の1時間前に塗布することをお勧めしております。
ETモイスチャーは女性ホルモンを含有しているため、定期的な子宮と乳房の検査が必要になります。また、使用中に不正出血などの症状が生じた場合は医師にご相談ください。
ページトップ

NEW モナリザタッチプラス

料金を表示
話題のMONALISA TOUCH®(モナリザタッチ)に新しいモードが登場です。 今まで照射できなかった膣の入口周辺にモナリザタッチが照射できるようになりました。膣内・膣前庭の両方に照射していきます。性交痛や尿漏れなどの症状は、膣内・入口付近の両方を照射するほうがより高い効果が期待できます。
モナリザタッチ
    【こんな方にオススメ】
  • 膣内だけでなく、入口付近の乾燥が気になる方。
  • くしゃみや咳をした時に尿漏れが起こる方。
  • トイレが近い、急な尿意が我慢できない方。
ページトップ

モナリザタッチ

料金を表示
モナリザタッチは顔の若返り治療に用いる炭酸ガスフラクショナルレーザーを膣用に応用し開発した究極のアンチエイジング治療器です。加齢に伴う膣の不定愁訴である「乾燥」「性交痛」「におい」「かゆみ」などを改善します。施術は内診台で数分程度、痛みはほとんどありません。治療後は翌日から入浴できます。1回の治療でも確かな効果を実感していただけますが、回数を重ねることで更なる効果が期待できます。
モナリザタッチ
▲ モナリザタッチ
ページトップ
加齢に伴う膣壁の変化
膣にも加齢性変化が生じるのはご存知でしょうか?
子宮、卵巣、膣、外陰部は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用を強く受けています。
閉経後、エストロゲンの分泌がなくなると膣も萎縮が始まり、萎縮がおこると膣の乾燥や痛み、性交痛などを引き起こします。
膣粘膜上皮のしくみ
膣粘膜上皮の形態学的な変化
▲ 膣粘膜上皮の形態学的な変化
上皮が薄くなると血流が低下し、外傷を受けやすくなります。
また、コラーゲン減少により、膣粘膜のひだが扁平化します。
エストロゲンの働きにより膣の粘膜も体や顔の皮膚と同じようにターンオーバーを繰り返しています。
粘膜の上皮細胞には多量のグリコーゲンが含まれ、ターンオーバーにより上皮が脱落するとき膣内のデーテルライン桿菌がグリコーゲンを乳酸に変えることで膣内は酸性に保たれています。こうして酸性に保つことにより外から侵入してくる細菌から膣や子宮を守っています。これを膣の自浄作用といいます。
エストロゲンの低下により、このターンオーバーがなくなってしまうと、粘膜上皮は薄くなり、上皮細胞内のグリコーゲンが減少することからデーテルライン桿菌も減少し、膣内の酸性が保たれないことで菌が増殖し感染が起きやすくなります。
この治療を受けられない人がいます
モナリザタッチは、萎縮性膣炎とは別に子宮ガンをはじめとする悪性腫瘍や、トリコモナス膣炎、カンジダ膣炎といった病気の有無を事前に調べてから問題がないことを確認した上で施術を行う必要があります。以下の方は治療を受けることができません。

禁忌:

  • 現在、生殖器感染症に罹患している方(カンジダ症、クラミジア、性器ヘルペス、淋病など)
  • 現在、外陰部皮膚炎を罹患している方(乾癬、脂漏性皮膚炎、扁平苔癬)
  • 外陰膣に新生腫瘍のある方、またその疑いがある方
  • 外陰膣部、または子宮頸部に新生腫瘍のある方(硬化性苔癬、扁平上皮過形成、HPV、繊維腫、VIN、CINなど)
  • 子宮脱の方
  • 膣内に過度な炎症(膣炎など)のある方、またはその疑いのある方
  • 妊娠または妊娠の可能性がある方、授乳中の方
  • 生理期間中の場合
当院では、診察時に異常を認めた場合、治療を行ってから施術をさせていただきます。
婦人科での治療をおすすめします
<治療の流れ>
モナリザタッチ施術フロー カウンセリング・内診:におい、乾燥、ゆるみ、性交疼痛、灼熱感、尿漏れ感、おりものの異常、炎症の有無、膣萎縮の進行など 異常があった場合→検査・治療:状態に応じて、感染症などさらに詳しい検査をしてから適切な処置を施します。 モナリザタッチ(施術):膣内に専用プローブを挿入し、炭酸ガスフラクショナルレーザーを数分間照射します。※痛みはほとんどありません。 アフターケア:モナリザタッチの効果をより長持ちさせるためのケア、・ホルモン補充療法・ETモイスチャー・膣錠など 長期的にサポートさせていただきますのでご安心ください。 ホルモン補充療法 ETモイスチャー
※施術前日から施術後2日間は性交渉をお控えください。入浴は翌日から可能です。
閉経されている方は低エストロゲン状態となるため閉経されていない方に比べると効果が継続しにくいことがあります。当院では、モナリザタッチ施術後のホルモン状態に合わせてホルモン剤の補充を行うなどアフターフォローにも力を入れております。
モナリザタッチの臨床効果
開発国であるイタリアで行われた臨床効果の検証では、施術後よりかゆみや乾燥、性交痛などの症状に加え排尿障害や尿失禁などにも効果を示しています。
モナリザタッチの臨床効果
▲ モナリザタッチの臨床効果
膣粘膜断面の様子(1回治療1か月後)
▲ 膣粘膜断面の様子(1回治療1か月後)
粘膜上皮の厚みが増しています。
お気軽にご相談ください
アヴェニューウィメンズクリニック 福山 千代子 院長
アヴェニューウィメンズ
クリニック
福山 千代子 院長
膣の加齢性変化は30代後半から徐々に起こっていると考えられています。膣の萎縮に伴う症状に対し、当院では女性ホルモン剤の内服や塗布、膣錠の投与を行ってきましたが、ホルモン補充療法には血栓症や乳がんのリスクが少なからず存在することや、肝障害や高血圧などの持病で行えない方もいらっしゃいます。そういった患者様に何かいい治療法がないか?と探していたところ、炭酸ガスレーザーを膣内に照射することで膣を若返らせるマシン「モナリザタッチ」に出会いました。
「膣の乾燥」や「性交痛」などで当院を受診される患者様は、とても恥ずかしく誰にも相談できないと皆さんおっしゃいますが、膣萎縮は加齢に伴って誰にでも起こりうる変化です。残念ながら、ホルモン低下による様々な症状は病気ではないと諦めている方がとても多いのが現状です。「ホットフラッシュ」や「うつ症状」でさえそうであるのに、「膣の乾燥」や「性交痛」といった症状であればなおさら諦めてしまう方も多いと思います。
閉経後の平均余命が30年以上ある現在、これらの症状は女性のQOL(生活の質)に大きく関わってきます。他人には相談にしにくいデリケートな悩みだからこそ、まずは気軽にご相談ください。また、閉経前の方でも「性交痛」や「乾燥」「におい」といった症状の改善が期待できますので、予防的医療としても「モナリザタッチ」をおすすめします。
ページトップ