診療・治療メニュー

外陰部の痛み

外陰部に痛みがある時は、ナプキンなどによるただれや性交渉による傷などのこともありますが、カンジダ外陰炎で炎症がひどくなるとかゆみをこえて痛みが出現することもあります。
また、性器ヘルペスも外陰部に強い痛みを起こします。最初は水疱ができ、その後水疱が破れると排尿時などに強い痛みを感じます。放置すると排尿ができなくなったり歩くのも困難になることもあります。発熱や鼠径部のリンパ節腫大を伴うこともあります。また、外陰部の腫れと痛みを起こすもので、バルトリン腺炎があります。膣口にある分泌物を出す腺に細菌が入り感染が起こると膿が溜まり、膿瘍を形成し、腫れと強い痛みを引き起こします。
それぞれ原因に合わせた外用薬の投与を行っています。バルトリン腺膿瘍に対しては膿瘍内容を穿刺したり、切開を行う手術も行っています。
ページトップ