診療・治療メニュー

月経前症候群(PMS)

生理前にイライラする・生理前になると体調が悪い・生理前になるとだるい

月経前3~10日の黄体期のあいだに続くイライラ、情緒不安定、無気力などの精神的症状や、頭痛、むくみ、乳房痛、肌荒れなどの身体的症状で、月経の開始とともにその症状が消失する状態を月経前症候群(PMS)といいます。
月経前症候群の原因の全ては解明されておりませんが、ホルモンバランスの急激な変動やセロトニンという神経伝達物質が低下することが大きな原因の一つと言われています。
身体症状:乳房がはって痛い・お腹がはる・頭痛(特に偏頭痛)・手足のむくみ、精神症状:イライラ・抑うつ状態・不安感

どんな治療法があるの?

当院では患者様の症状に合わせてPMSサプリメント、PMS点滴療法、漢方療法、低容量ピルの処方など最適な治療法を選択いたします。

PMSサプリメント

料金を表示
生理前の2週間、アミノ酸やビタミンを内服することでイライラや気分の落ち込みを抑えます。イライラや気分の落ち込みを抑えるPMSベーシックに加えて、むくみやだるさ、太りやすいといった一人ひとりの症状に合わせて組み合わせることができるサプリメントもご用意しております。
イライラ・落ち込み + 1.まずお試しにという方:PMSベーシック、2.むくみやすい方:PMSライト、3.太りやすい方:PMSダイエット、4.だるさがつらい方:PMSフレッシュ

PMS点滴

料金を表示
即効性を期待される方や症状が強い場合には点滴をおすすめします。PMSだけでなく感冒症候群、慢性疲労症候群などにも効果的な点滴や高い抗酸化力を持った高濃度ビタミンC点滴もございます。
生理前のイライラや調子の悪さを解消したい方 PMSスタンダード点滴
スタンダード点滴よりさらに強い効果を求める方 PMSスペシャル点滴
ストレス時に発生する活性酸素を除去し、
PMSによるイライラや不安感を緩和したい方
PMSストレス点滴(高濃度ビタミンC)
漢方療法・低容量ピルの処方
その他にも全身の状態を正すことで結果的に症状を軽減していくことができる漢方療法や低容量ピルの処方などその方にあった最適な治療を行っております。
ページトップ