診療・治療メニュー

子宮頸がん予防ワクチン

HPV感染が原因となる子宮頸がんと尖圭コンジローマの予防ができる4価のワクチンの接種が始まりました。
子宮頸がんとは?
子宮頸部(子宮の入り口付近)にできるがんで、婦人科領域の中では乳がんに次いで発症率が高く20~30代の女性で急増しています。初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、しばし、発見が遅れてしまうことがあります。
早期発見により治療効果も期待できますが、海外では性交経験前の12歳前後の女性から、ワクチン接種する事を推奨しています。
子宮頸がんは発がん性HPVの感染が原因です。
  • 発がん性ヒトパピローマウィルス(HPV)は性交為により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうちに一度は感染するありふれたウィルスです。
  • 発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあり、その中でもHPV16型、18型は子宮頸がんから多く見つかるタイプです。
発がん性HPVは一度排除されても、何度でも感染する可能性があります。
発がん性HPVに感染しても、ほとんどは自然に排除されますが、一度排除されたとしても繰り返し感染してしまいます。そのごく一部が数年~十数年かけて、がん細胞へ移行することが考えられていますが、その割合は感染者の1%未満とされています。
子宮頸がんになるまで
発がん性HPV16型、18型に感染する前にワクチンを接種すると効果的です。
ワクチンを接種しても16、18型以外の発がん性HPVの感染は予防できません。また既に感染している方に対してウィルスを排除したり、発症している子宮頸がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。
尖圭コンジローマとは?
HPV6.11型の感染によって発症する性器や肛門周辺に良性のイボができる病気です。痛みなどはほとんどありませんが再発しやすく、一度発症すると完治は難しいと言われています。又、出産時に尖圭コンジローマを発症していて産道で赤ちゃんにHPVが感染するとのどにイボができる再発性呼吸器乳頭腫症を発症してしまうことがあります。イボが大きくなると呼吸困難になり、命にかかわることもあります。
ページトップ

子宮頸がんワクチンの予防効果

接種回数は、1回目(初回)→2回目(1回目接種の2ヶ月後)→
3回目(1回目接種の6ヶ月後)
  • 既に感染している場合や、ワクチンを接種してもそれ以外の型に感染したりする場合もありますので、定期的に検査することをおすすめします。
  • 腕の筋肉に注射します。
  • 3回の接種途中で妊娠した場合には、接種は継続できません。その後の接種については医師にご相談下さい。
接種スケジュールと感染予防効果
ワクチンの予防効果
3回接種での予防効果は、現時点では約4年間続くことが確認されていますが、今後も経過観察を続けることにより少なくとも30年間は維持されると推測されています。
接種スケジュールと感染予防効果
用法・用量に関連する接種上の注意
他のワクチン製剤との接種間隔:
生ワクチンの接種を受けた方は通常27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた方は通常6日以上間隔をあけて接種してください。
ワクチン接種を受けることが適当でない方
1. 発熱している方(通常は37.5℃を超える場合)
2. 重い急性疾患にかかっている方
3. ワクチンの成分に対して過敏症をおこしたことがある方
4. 妊娠されている方
ワクチン接種後も、1年に1回は子宮頸がん検診を受けましょう。
既に感染している場合や、ワクチンを接種してもそれ以外の型に感染したりする場合もありますので、定期的に検査することをおすすめします。
ページトップ

あなたの条件に合う検査+ワクチン接種は?

料金を表示
自由診療については、初診・再診料は一切頂いておりません。 【半年以内に子宮頸がん検診を受けたことがある】YES:ワクチン3回接種 64,800円 NO:頸部細胞診ワクチン3回接種 66,960円、【その他のセット検診】● HPVの型まで詳しく調べたい方は... HPV型判定 + ワクチン3回接種 84,240円(税抜)、HPV型判定 + ワクチン3回接種 + 頸部細胞診 86,400円
※ 検査は必須ではありません。ご相談ください。
※ その他ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
▼ 子宮頚がんについて、さらに詳しくお知りなりたい方は下記より専用サイトをご覧下さい
ページトップ