診療・治療メニュー

デリケートゾーンのお悩み

小陰唇形成術

料金を表示
こんなお悩みはありませんか?「VIO脱毛したら小陰唇の大きさが気になる」「汚れがたまりやすく、ニオイが気になる」「黒ずみが気になる」「小陰唇が大きい」「デニムを履いた時や自転車に乗った時に擦れて痛い」「小陰唇に左右差がある」
女性器は他人と比較するものではありませんが、それゆえ誰にも相談できず悩んでいる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。日常的に困っていることや不自由に感じることがありましら遠慮なくご相談ください。上記のお悩みを解決する一つの手段として「小陰唇形成術」があります。単に小陰唇を小さくするだけでなく、黒ずみを切除する、左右の大きさを揃えるといったことが可能です。仕上がりの希望は患者様とお話合いを重ねたうえで手術を行っております。
治療の流れ
① カウンセリング
医師が一人ひとりの悩み・症状について伺い、デザインを決定いたします。手術日は生理終了後をおすすめしています。
※月経中・月経直前は経血が傷口に付着し感染のリスクが高まる恐れがあります。
② 手術当日
1. 手術20~30分前より小陰唇に麻酔クリームを塗布いたします。
(お近くにお住まいの方は自宅から塗布していただくことも可能です。)
2. 切開線をデザインします。
デザイン前
デザイン前
デザイン後
デザイン後
3. 局所麻酔を施します。
麻酔クリームを塗り20~30分置くことで局所麻酔時の痛みはほぼなくなります。
4. 切開します。
鉗子で切開線を抑えながら、炭酸ガスレーザーで切開します。
このとき、出血がほどんどなく治りが早いのが特徴です。
【炭酸ガスレーザーを使うメリット】
炭酸ガスレーザーは、遠赤外線の高波長で水分に高い吸収を示すレーザーです。細胞内の水分と反応して熱エネルギーが発生し、蒸散、蒸発により切開することができるため電気メスより熱による障害が少なく、金属メスより出血も少なく創傷治癒は早いのが特徴です。
5. 縫合します。
切開部を溶ける糸で丁寧に縫合いたします。

術後に痛み止めの内服をしていただき、1時間お休みいただいたあと止血を確認します。
③ 1~2週間後、診察を行います。


抜糸は必要ありません。
よくあるご質問
  • 痛みはありますか?
    → 手術中は局所麻酔を施すので痛みはありません。手術後は抗生剤と痛み止めの内服薬を処方します。※局所麻酔の前に塗る麻酔を十分に施すので痛みはほぼなくなりました。
  • 入浴やシャワーはいつから可能ですか?
    → シャワーは手術当日から可能です。入浴は1週間後から可能です。
  • 性交渉はいつからできますか?
    → 性交渉は2~4週間後から可能です。※術後の経過を診て判断させていただきます。
  • お酒はいつから飲めますか?
    → 手術当日の飲酒は痛みが増強する可能性がありますので翌日以降をおすすめします。
  • 何か注意しなければならないことはありますか?
    → 術後1週間ほど自転車やヨガなど陰部を圧迫する運動はお避けください。
  • 術後、出血はありますか?
    → 滲む程度の出血が1週間ほど続くことがあります。また、手術後2週間ほど内出血が残る場合もあります。

黒ずみ
(レーザーブライトニング)

料金を表示
【クリニックでより早く効果的に!レーザーで黒ずみ解消!】
デリケートゾーンのお悩みはなかなか人には相談しにくいものです。当院でも
『温泉旅行やジムで他の人と比べて黒ずみが気になった』
『妊娠・出産を経験して濃くなった』
『以前美白クリームのようなものを使用したが全く効果を感じなかった』
『かゆくて掻いてしまったら濃くなった』

など女性ならではのお悩みをたくさんいただきました。
そこで当院では美容皮膚科の美白レーザーにヒントを得て、お尻、Vラインの黒ずみを解消する画期的な治療法を編み出しました。女性スタッフをはじめ、多くの患者様にも効果を実感していただいております。お悩みの方はぜひ一度ご相談くださいませ。
黒ずみの原因
  • 生理不順・生理が遅れがち
  • 妊娠・出産の経験がある
  • 粘着性のある下着などを頻回に着用
  • 強い紫外線を浴び続けてきた など
このように黒ずみの原因は
1. 不安定なホルモンバランス
2. 粘着性下着による刺激

などによって悪化します。
ホルモンバランスが大きく影響しており婦人科疾患の多い30代前後の女性に悩みが急増しております。 婦人科のクリニックにご相談されることをお勧めします。
治療の流れ
Qスイッチヤグレーザーやピコレーザーを炎症が起きない程度のマイルドな出力で照射します。黒ずみの原因となるメラニン色素を少しずつ破壊することで黒ずみが改善されます。Qスイッチヤグレーザーの場合は週に1回を平均5回程度、ピコレーザーの場合は月に1回のペースで続けて頂くと効果が現れてきます。(元々の色の濃さにより個人差があります)
自宅での毎日のケアも大切です!クリニック処方の美白クリーム(ハイドロキノン+レチノイン酸)や肌質に合わせ保湿クリームやピーリング石鹸なども使っていただいております。併用することでより早く効果を実感していただけます。

ボトックス注射

料金を表示
女性の場合月経中のナプキン、下着やガードルなどを使用することにより外陰部が"ムレ"やすい状態になります。この"ムレ"が雑菌を繁殖させるためニオイが発生します。当院ではこのニオイの原因となる"ムレ"を抑えるため外陰部の汗をかく部位にボトックス(ボツリヌス菌毒素)を注射し、直接汗を抑えニオイを防ぎます。

VBKミスト

料金を表示
ニオイの原因となるウイルス(Virus)やバイキン(黴菌=真菌+細菌)の繁殖を抑える天然ハーブエキス「ニガヨモギ」を配合したデリケートゾーンに安心して使えるリフレッシュミストです。抗菌作用で女性の気になる不快臭を元から抑えます。抗カンジダ作用もあるので繰り返すカンジダ症でお困りの方にも大変おすすめです。さらに、制汗・消臭作用でワキや足など汗の臭いが気になる全身のエチケットとしてもお使いいただけます。
ご使用方法
ペーパーに数プッシュした後、デリケートゾーンを優しく拭き取ります。又はデリケートゾーンから5cm程離した状態で直接ミストを吹きかけてください。

しらが脱毛(外陰部)

料金を表示
年齢とともに気になる外陰部のしらがを脱毛します。しらがの毛根は白色のためレーザーでは反応しません。当院では、ニードル脱毛にて1本ずつ脱毛します。
0120-766-649(水・土曜休)ネット予約